洗顔には、洗顔用の石鹸か洗顔フォームのどちらかを使うことになります。お肌への影響を考えた時に、より肌への負担が少ないのは石鹸とフォームのどちらでしょう。洗淨力が強く、それでいて肌が突っ張る感じがしないことが、洗顔フォームの良さだと考えている人がいるようです。洗顔石鹸は、肌に与える影響が少ないといいます。いくら洗い終わったときの肌の感触が突っ張らないとはいえ、だから低刺激だということはできません。

洗顔フォームのいいところとして、しっかりしたきめの細かい泡を作れることを挙げ、泡が粗いと肌によくないと主張する人もいます。泡がたくさん立つような洗顔フォームのほうが、石鹸よりも肌への刺激が少ないと思っている人もいます。けれども、成分内容をチェックすれば、石鹸が肌に優しいことがわかります。

洗顔に用いるものということで両者に差はないと考える方もいますが、洗顔石鹸と洗顔フォームはそれぞれが違ったものといえるでしょう。本物の石鹸なら、原材料に脂肪酸カリウムと脂肪酸ナトリウム、そして金属塩が必要です。肌への刺激を考えた場合、石鹸には含まれない合成界面活性剤を含有している洗顔フォームは、あまりいいものではありません。石鹸が洗顔時に推奨されるのは、このためです。